注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


痛風

痛風とは

 痛風とは下半身の関節に腫れや炎症を発症する病気です。昔は贅沢病とも言われ、また、風が吹いても痛むということこから痛風という名前がついたとも言われています。 痛風は食品に含まれるプリン体により尿酸値が増加して発症します。尿酸がある程度関節内にたまり、それが固まって結晶になることで関節炎などを引き起こします。 また、一度発症すると薬などで症状を抑えても、食事をするとすぐにまた痛みが発症します。 通常、痛風は足の親指の付け根に最も多く、他にも足首や膝などの関節にも生じます。 痛風の症状としては、非常に強い痛みが生じ、歩けなくなることも多いですが、数日間で痛みが治まることが多いです。 最初は年に数回発症する程度ですが、次第に慢性化し、発症の頻度が多くなっていきます。

痛風の原因

 痛風は血液中の尿酸が分解されず、関節などで固まって結晶化することで発症する病気です。そのため、乳酸の摂取が主な原因となり、贅沢病という別名をもつくらい、原因の一つとして暴飲暴食があげられます。 また、ビールなどに含まれるプリン体に、尿酸の分解を妨げるはたらきがあるため、ビールの飲み過ぎや肉類・魚介類の摂取過多も大きな要因となります。 その他の要因としては、ストレスや運動不足が挙げられます。

痛風の治療と予防

 痛風の原因は尿酸です。ですので、いかに尿酸を作らせないようにするかがポイントとなります。

<ポイント1>
 次に大事なのは、体内で作られてしまった尿酸を「輩出する」ことです。 以前は魚介類やレバーなどのプリン体を多く含む食品を控えるよう言われてきました。 しかし、近年の研究の結果、問題となるプリン体の殆どは体内で創りだされており、食品からの摂取は原因としてあまり大きくないことがわかってきました。 そこで、体内で作らないようにすることが大事ですが、その際に気をつけるべきなのは「食事のカロリー」です。 体内でのプリン体の生成を抑えるためにはカロリーを摂取しすぎないこと、つまり、食事の食べ過ぎに注意することが大切です。

<ポイント2>
 尿酸は尿に溶けて排出されますが、尿が酸性であればあるほど溶けにくく、アルカリ性であるほど溶けやすくなります。 そのため、尿をアルカリ化するような食品を積極的に摂取することが大切です。 尿をアルカリ化する食品としては、次のようなものがあります。
海藻類、野菜類、果物類

<ポイント3>
 最後のポイントとしては、体内に残る尿酸の分解を促すことです。一般的には「抗酸化物質」の摂取が効果的であると言われています。 抗酸化物質としては、アントシアニンを多く含むベリー類や豆類が有名であり、また、フラボノイドなどのポリフェノールを豊富に含む食品を摂取すると良いと言われています。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター