注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

 変形性膝関節症とは、膝関節を支えクッションとなる軟骨がすり減って膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。 中高年の特に女性に多い病気であり、50歳以上では男性の2倍、65歳以上では男性の4倍にもなると言われています。  初期の頃は、朝起きて歩き始める際に膝に違和感を感じることが多いです。この痛みはしばらく身体を動かしていると、痛みが無くなる場合がほとんどです。 初期症状をそのままにして徐々に悪化すると、だんだん痛みをはっきりと感じるようになります。膝を完全に曲げることができなくなったり、伸ばしきらない状態になり、 しゃがんだり正座をするときに苦痛を感じるようになってきます。また、関節液が多量に分泌され、関節に「みず」が溜まるようになります。 さらに悪化した末期症状は、日常生活に支障がでる状態です。軟骨のすり減りが進み、土台の骨が削れ、変形して骨棘(こっきょく)というトゲができます。こうなると、 骨同士が直接ぶつかり合うため、強い痛みを生じ、買い物や旅行などが困難になります。また、ひどい場合、歩行自体ができなくなる場合もあります。

変形性膝関節症の原因

 変形性膝関節症の原因は大きく分けると、2つにわかれます。加齢や肥満、遺伝など明確な原因が特定できない「一次性」のものと、ケガや病気といった、 原因がはっきりしている「二次性」のものです。

<一次性変形膝関節症の要因>
・加齢
・筋肉の衰え、運動不足
・肥満
・姿勢
・膝への負担の大きいスポーツ
・O脚や偏平足
・足に合わない靴、ハイヒールなど

<二次性膝関節症の要因>
・関節軟骨の損傷
・靭帯損傷
・半月板の損傷
・膝関節の捻挫
・慢性関節リウマチ

変形性膝関節症の予防と治療

<予防>
・適正体重に減量する
・膝を冷やさず、温めて血行を良くする
・正座を避ける
・筋肉を鍛える

<治療>
・保存療法
(1)日常生活の改善・・・ダイエットや杖の使用、洋式トイレへの変更などでひざの負担を減らす。
(2)運動療法・・・筋力トレーニングや関節の運動、ストレッチなどでひざの周りの筋肉を鍛える。
(3)装具療法・・・足や靴に装具を装着して、荷重を変える。支柱入りサポーターの使用。
(4)物理療法・・・ひざを温めて血行をよくしたり、冷湿布や冷やしたタオルで痛みを和らげる。
(5)薬物療法・・・関節内注射(ヒアルロン酸注射)やステロイド注射、飲み薬や軟膏などで痛みや炎症を抑える。

・外科手術
(1)関節鏡視下手術・・・ひざの中にカメラを入れ、変形した半月板や軟骨、骨棘など必要な部分だけを手術する。手術後数日で歩行可能だが、効果の持続性が短い場合もあります。
(2)高位脛骨骨切り術・・・脛骨の一部を削り、体重の負荷を変えてO脚を矯正する。骨がくっつくまで数ヶ月かかりますが、スポーツができるまでに回復します。
(3)人工関節置換術・・・軟骨がすり減ってなくなった場合に、変形した関節の表面を金属などで出来た人口部品に置き換える手術。痛みが強く、日常生活に大きな支障をきたす場合に行われる。痛みを取り除くが、 正座やスポーツなどは制限されます。


▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター