注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


変形性肘関節症

変形性肘関節症とは

 変形性肘関節症は、長年の使用や肘(ひじ)へ繰り返される負担によって、軟骨がすり減ったり、骨の変形(骨棘(こっきょく))が生じて肘の関節の動きが悪くなる病気です。 長時間の作業やスポーツなどで無理をした時などに肘関節に痛みが出ます。痛みの軽い場合もありますが、進行するにつれて関節の動きが制限され、肘が完全に伸ばせなくなったり、日常生活にも支障が出ます。 変形に伴い肘の内側で尺骨(しゃっこつ)神経の圧迫による麻痺を生じ、手の力が入りにくくなったり、小指と環指(かんし)(薬指)にしびれなどが生じたりすることがあります。

変形性肘関節症の原因

 変形性肘関節症の原因は大きく分けると、2つにわかれます。加齢や遺伝など明確な原因が特定できない「一次性」のものと、ケガや病気といった、原因が はっきりしている「二次性」のものがありますが、ほとんどはひじの使いすぎが原因の二次性のものになります。二次性の原因には骨折、脱臼(だっきゅう)などの外傷や、 野球などのスポーツや、削岩機などの振動工具の長時間使用、大工仕事などの労働で過度に肘を使用することによって生じるものがあります。 ひじの酷使により軟骨部分がすり減ると、固い骨同士が接触して変形、摩耗がおこります。骨と骨がこすれて骨の端にとげができたり、骨の一部がはがれてそのかけらが関節内を移動し、痛みや障害を引き起こします。

変形性肘関節症の治療

 手のしびれがない場合、肘に負担のかかる仕事を控え、まずは湿布や痛み止めの内服薬(消炎鎮痛薬)を用いた保存的治療を行います。 そして、ホットパックや電気治療などの理学療法を行います。 関節の動きが悪く日常生活での支障がある場合には、切開または関節鏡を用いて関節の動きを邪魔している関節内の遊離体や増殖した骨の切除を行う関節形成術を行います。 変形と痛みが強い場合には、人工関節で関節を置き換える手術も行われます。 神経の症状がある場合には、神経の圧迫を取り除く手術が行われます。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター