注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


変形性股関節症

変形性股関節症とは

 変形性股関節症は、股関節が変形し壊れていく進行性の病気です。 関節のクッションとしての役割を担い滑りをよくしている関節軟骨が傷つき磨耗して、骨が破壊もしくは増殖を起こすことで生じます。 最初は立ち上がる時や歩き始めの時に脚の付け根に痛みを感じることが多く、症状が進行すると動きが制限されたり、跛行となり、正常な日常生活を送ることが困難になります。 発症すると、加齢とともに徐々に悪化していき、一度変形した股関節を発症以前の状態に戻すことはできないため、症状の進行を遅らせることが治療になります。 定期的にお医者様に相談して経過を観察しながら、適切な時期に適切な手術を受けることが重要です。

変形性股関節症の原因

 変形性股関節症の原因は大きく分けると、2つにわかれます。加齢や肥満、遺伝など明確な原因が特定できない「一次性」のものと、ケガや病気といった、原因が はっきりしている「二次性」のものです。欧米では一次性のものが大半を占め、日本では二次性のものが大半を占めます。また、この病気は圧倒的に女性に多いという特徴があります。

<一次性変形膝関節症の要因>
・加齢
・筋肉の衰え、運動不足
・肥満
・姿勢など

<二次性変形股関節症の要因>
二次性変形股関節症の原因の90%が先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全です。また、ほかにペルテス病や特発性大腿骨頭壊死症などもあります。
■先天性股関節脱臼・・・生まれつき股関節が脱臼している病気です。おしめの巻き方の影響や子宮内での異常姿勢、遺伝などが原因と考えられています。
■臼蓋形成不全・・・臼蓋(股関節の屋根の部分)の大腿骨頭への被りが浅い状態で、先天性股関節脱臼に起因するものと、成長期の臼蓋の発育が不完全である後天的なものがあります。
中年以降に痛みが出て、はじめて臼蓋形成不全と診断される場合もあります。

変形性股関節症の治療

<治療>
・保存療法
薬(消炎鎮痛剤)の服用
筋力強化訓練(水泳、水中歩行など)
体重減量
装具やはきものの調整
杖の使用
安静をはかる(歩行制限)

・関節温存手術(自分の骨を使う自骨手術)
骨盤側の手術・・・寛骨臼回転骨きり術、キアリ骨盤骨切り術
大腿骨側の手術・・・内反骨きり術、外反骨きり術

・人工置換手術
人工股関節置換術
股関節固定術など。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター