注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


化膿性関節炎

化膿性関節炎とは

 関節内に細菌が入ることで関節の中が化膿してしまう病気。この状態が続くことで関節表面の軟骨が破壊され、さらに骨まで破壊されると関節に痛みが残ったり、変形するといった障害が残ることもあります。 早期発見が大事であり、緊急性を要する病気の一つ。 関節の痛み、はれ、熱感、発赤などとともに発熱、悪寒、食欲不振、全身倦怠などの症状がみられます。 化膿した関節は、動かすと激しく痛むため、ほとんど動かすことができなくなります。 関節の炎症が長く続いた場合、関節を包む膜が伸びきって脱臼を起こしたり、皮膚に穴が開いてそこからうみが排出されることもあります。

化膿性関節炎の原因

 原因となる菌は黄色ブドウ球菌が最も多く、他に連鎖球菌や肺炎球菌、MRSAなどがあります。また、その侵入経路は大きく分けて3つに分けられます。

(1)扁桃炎や膀胱炎、敗血症など体内の他の部分の感染が原因となり、細菌が血管を通って関節に到達し感染する。
(2)関節付近で起こった骨髄炎が関節まで広がる。
(3)ケガや注射によって関節内に直接細菌が入る。

化膿性関節炎の治療

 関節にうみがたまっている場合、注射器で吸引します。 化膿の原因となっている最近を特定できた場合は、それに効く抗生物質を使用します。 それでも炎症が続く場合は手術を行って関節内の炎症して傷ついた部分を取り除き、チューブを挿入して数週間洗浄を続けます。 関節の軟骨が破壊され、骨にまで炎症が広がっているときは、関節を固定する手術を行うこともあります。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター