注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


五十肩

五十肩とは

 五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といい、関節の周りにある組織の変化や炎症などによって肩に痛みが出る病気であり、肩こりとは異なります。また、羅患する年代により、四十肩、五十肩などとも呼ばれますが、どちら同じ病気です。 ちなみに、肩こりは首の付根の筋肉の疲労が原因で起こります。首の痛みと肩の痛みは間違えやすく、医師の診察を受けてみると肩関節周囲炎と肩こりを間違っていたという方も多いです。
20代までに肩関節周囲炎になる人は稀であり、30代から40代にかけて羅患する場合を四十肩、50代から60代にかけて羅漢する方を五十肩と呼びます。また、70代以上でかかる方も稀です。だれでもかかる病気ではありますが、だいたい半年から一年で 自然に治っていくことが多いです。しかし、長く放っていた場合、痛みは取れても運動機能に障害が残る場合があるので、早めに適切な治療を受けることが大切です。
痛みの範囲は方から腕にかけて広がり、左右いずれかの肩に発症することがほとんどです。ちなみに、首から肩にかけての痛みの場合、首に原因があることがほとんどです。

五十肩の原因

 五十肩の原因ははっきりと分かっていませんが、腕を上げた状態が長時間続くような作業を行うと起こりやすいようです。そう考えると肉体を普段から酷使する職業の方に多そうですが、 実は事務職などのほとんど体を動かさない職業の方に発症しやすいです。肩関節は適度に使っている状態が一番健康的で、急に長時間腕を高く上げ続けるようなときに(高い窓の掃除や高い棚の整理等)起こりやすいと言われています。

五十肩の予防と治療

 まず、予防法としては関節を適度に動かすことです。特に肩関節を最大限に動かす体操を毎日行うのが効果的です。五十肩になってしまった場合は、消炎鎮痛薬や湿布薬で炎症や痛みを抑え、 肩関節を動かす運動を続けていきます。痛みがひどい場合は、痛みを伝える神経に局所麻酔を打ったり、外科手術により圧迫して痛みの原因となる骨を除去したり関節の中の癒着を剥がし、関節の動きをよくする場合もあります。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター