注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


グルコサミンの基礎知識

グルコサミンってどんなもの?

 グルコサミンとは、人の体内に存在し、関節軟骨や目や皮膚、爪などを構成している成分であり、粘膜上の部分に多く含まれています。
この成分は生まれたての赤ちゃんの時に最も多く、年齢とともに次第に減少していきます。
このグルコサミンがすくなくなってくると、肌のハリが失われたり、関節軟骨が再生されなくなって関節に痛みが生じるようになったりします。
そのため、食事や健康食品などで体内に補給する必要が出てくるのです。

グルコサミンの働き

 グルコサミンは私達の体の中に元々ある成分であり、特に膝や関節の痛みに効果があると言われています。
では、このグルコサミン、一体カラダの中でどんな働きをしてくれているのでしょうか。

グルコサミンは、実は体内ではグルコサミンとしては存在していません。
では、グルコサミンは何かというと、体を作る組織の一部分、材料なのです。
関節軟骨をつくっている成分は、主に水分、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンと言われています。
このうち、ヒアルロン酸とプロテオグリカンの材料として重要なのがグルコサミンなのです。
ちなみに、膝関節の成分がヒアルロン酸やプロテオグリカンなら、そのまま摂取すればいいと思う方も多いと思います。
実は、ヒアルロン酸などは分子が大きいため、そのままの形では体内に吸収されにくいのです。
そのため、まず小さく分解され、小さくなった後に体内に吸収され、さらに再度体内で再合成される必要があります。
そこで出番となるのがグルコサミン。
グルコサミンの分子は最初から小さいため、ヒアルロン酸等に比べると、はるかに効率的に体内に吸収されます。
どうせちいさく分解される必要があるのなら、最初から小さいほうがその手間が省け、吸収の効率もいいというわけなんですね。
そうして体内に吸収されたグルコサミンは関節軟骨の材料となり、スムーズな動きを助け、痛みを緩和してくれるのです。

グルコサミンのさらなる働き

 さて、膝や関節の痛みを緩和する目的で飲まれることが多いグルコサミンですが、実はグルコサミンの保つ働きはそれだけではありません。
グルコサミンから作られるヒアルロン酸やプロテオグリカンは体の至る所に存在し、皮膚などの粘膜に多く含まれます。
そのため、肌のハリや新陳代謝を促す、美容成分としての働きも期待されています。
そして、グルコサミンの驚くべき効能はこれだけではありません。
実は、グルコサミンを摂取することで血流の流れが改善され、血液がサラサラになるとも言われています。
血液の中にはケガなどで出血した場合に血を固める働きを持つ血小板というものがありますが、グルコサミンはこの血小板の凝血作用に影響し、血を流れやすくしてくれるのです。
この働きは冷え症の改善などにも期待され、血行が促進されることで膝や関節の痛みを緩和することが期待されます。
関節炎に限らず、血行の悪化は様々な不調や病気の原因となりますので、グルコサミンで体の中からしっかり改善してみてはいかがでしょうか。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター