コレで決定!グルコサミンサプリメント、徹底比較ランキング。

注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


グルコサミンの基礎知識

グルコサミンってどんなもの?

 グルコサミンとは、人の体内に存在し、関節軟骨や目や皮膚、爪などを構成している成分であり、粘膜上の部分に多く含まれています。
この成分は生まれたての赤ちゃんの時に最も多く、年齢とともに次第に減少していきます。
このグルコサミンがすくなくなってくると、肌のハリが失われたり、関節軟骨が再生されなくなって関節に痛みが生じるようになったりします。
そのため、食事や健康食品などで体内に補給する必要が出てくるのです。

グルコサミンの種類

 関節軟骨の材料となり、年齢とともに減少するグルコサミン。
そんなグルコサミンですが、実は1種類だけではありません。
グルコサミンはまず、原料の違いによって2つにわかれます。
エビやカニなどの甲殻類の殻からつくられる動物性のグルコサミンと、とうもろこしなどの植物から作られる植物性のグルコサミンです。
また、さらにその中で、精製方法の違いにより更に分類されます。

①植物性グルコサミン(発酵グルコサミン)
 主にとうもろこしやオリーブ油から抽出して作られるグルコサミンで、エビやカニなどの甲殻類アレルギーを持つ方も安心して飲めるグルコサミンです。
微生物の力を利用して抽出するため、発酵グルコサミンとも呼ばれています。

②動物性グルコサミン
 主にエビやカニといった甲殻類の殻から抽出されるグルコサミン。その製法の違いにより、さらに3つのグルコサミンに分けられます。

a)グルコサミン硫酸塩
 硫酸を用いた加水分解によってつくったグルコサミン。
海外のグルコサミンサプリメントによく使われており、分子量が大きいため、あまり体内に吸収されないと言われています。
b)グルコサミン塩酸塩
 塩酸を用いた加水分解によってつくられたグルコサミン。
硫酸塩より分子量が小さいため、体内での利用率は硫酸塩より高め。
一般に日本のグルコサミンサプリメントによく使われる成分です。
c)N-アセチルグルコサミン
 いろんなグルコサミンがありますが、実は、殆どの物は人の体内に存在するものではありません。
体内に存在するグルコサミンは、N-アセチルグルコサミンという形であり、他のグルコサミンは、一度体内に吸収された後、N-アセチルグルコサミンの形に合成される必要があります。
そのため、通常のグルコサミンはN-アセチルグルコサミンに比べて体内利用率が悪く、1/3ほどと言われています。
では、なぜ一般にN-アセチルグルコサミン以外が使われることが多いのでしょうか。
それは、その精製方法にあります。
N-アセチルグルコサミンは甲殻類の殻を酵素でゆっくり丁寧に分解して作られるため、精製に時間がかかり、またそのぶん値段も高くなってしまいます。
そのため、一般にはグルコサミン塩酸塩が使われることがおおいようです。

▲ このページのトップに戻る

管理人のおすすめ♪ グルコサミンサプリランキング

おすすめランキング

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター