注目のサプリメント

注目のサプリメント

公式ページへのリンク

サプリメントを検索



  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


飲みやすさで比較! 継続しやすいのはどれ?

毎日飲み続けるものだからこそ、その継続のしやすさは大事です。 特にグルコサミンの場合、一日の摂取目安量が1500mgと多く、他の成分まで配合すると、一日あたりの粒数はとても多くなってしまいます。 他のサプリメントと併用して飲んでいる場合、毎日20粒なんて方も・・・。 今回は、飲みやすさ、使いやすさについて調査してみました。

サイトマスコットキャラ

飲みやすさで選ぶ グルコサミンランキング

総合ランキング

キューサイの グルコサミンZ

コメント

長年、青汁を販売し続けてきたキューサイ。液体のままではどうしても飲みにくい青汁を飲みやすくするため、粉末化の技術にこだわって来ました。 そして、長年培ってきた技術により粉末化されたグルコサミン粉末は、驚きの純度100%。 また、水へも溶けやすく、粒を飲み込むのがつらい年配の方に特に好評のようです。

キューサイ詳細情報

公式ページへのリンク

富士フイルムの グルコサミン&コラーゲン

コメント

一日あたりの目安が5粒と、粒数が少ないのがありがたく、1日量ずつ個別に包装されているため、出先や旅行先などでの使い勝手も◎。 また、かんでも美味しくたべられるため、お菓子感覚で食べたり、水の無いところでも摂取できるから、思い出したらすぐに飲め、ついついサプリメントを飲み忘れる方からも大好評です。

富士フイルム詳細情報

公式ページへのリンク

ステラ漢方のグルコサミン

コメント

一日3粒~6粒目安、1袋90粒入り。 1日3粒で摂取できるグルコサミンの量は推奨量の半分なので、1ヶ月2袋で使うのがオススメ。 最初、痛みが辛い内は1ヶ月2袋、痛みが治まってきた頃、もしくは予防目的の場合は1ヶ月1袋で使うのがオススメです。

ステラ漢方詳細情報

公式ページへのリンク

大正製薬の 大正グルコサミン

コメント

一日6粒目安の、スタンダードなタイプ。 ただ、1日量の6粒毎に個別で包装されているので、使い勝手がいいのが嬉しいですね。

大正製薬詳細情報

公式ページへのリンク

サントリーの グルコサミン&コンドロイチン

コメント

グルコサミンだけでなく、他の成分も配合した上で1日あたりの粒数が6粒で収まっているのは嬉しいトコロ。 ボトルタイプなので、タブレットを取り出し安いのも使い勝手がいいですね。 ただ、6粒に抑えるためか、グルコサミンの配合量が1200mgと少し少ないのが残念です。

サントリー詳細情報

公式ページへのリンク

ランキングナビ

実感力ランキングへ

価格ランキングへ

グルコサミン含有量ランキングへ

配合成分数ランキングへ

飲みやすさランキングへ

フッター